活動日誌過去記事一覧

2014年

5月

12日

またまた植物園にて!

5月11日に函館市熱帯植物園で開かれた「第8回花の市・子ども祭り」にブース出展させていただきました。お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

2014年

2月

10日

植物園「春祭り」に出展

函館市熱帯植物園で2月9日に開催された、第10回「春よ来い!」春祭りにピンクリボンin函館がブース出展しました。今回はパンフレット配布などのほか、ハーブティー試飲会や、ピンクリボングッズなどが当たるくじ引きを実施し、お子さまを含むたくさんの皆さまに温かいご寄付をいただきました。ありがとうございました。

2014年

1月

26日

交流会を実施しました

1月25日にピンクリボン新年交流会を実施しました!事前にFacebookページでお知らせし、役員含めて約10名近くの皆さまが参加してくださり、たくさんの意見交換が出来ました♡

来月はイベントにもブース出店します。今年も皆さんと力を合わせて、乳がんの啓発に積極的に取り組みます。どうぞよろしくお願いします♬

2013年

12月

23日

真冬でも夏みたいな場所で……!

函館市熱帯植物園で12月22日(日)に開催された第9回クリスマスコンサートにブース出展させていただき、パンフレットの配布などの啓発活動を行いました。立ち寄ってくださった皆さま、ありがとうございました。

2013年

10月

01日

街頭啓発を実施しました

世界乳がん撲滅月間の初日、10月1日に実施された五稜郭タワーライトアップに合わせ、市立函館保健所、渡島保健所、道南乳腺疾患研究会の皆さまと共に、丸井今井函館店の前で乳がん検診を呼びかける街頭啓発運動を行いました。

2013年

7月

01日

ピンクリボンフェスタin函館2013を開催しました

6月16日(日)、ピンクリボンフェスタin函館2013を開催いたしました。会場に足を運んでくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。また、会場を提供してくださったポールスターショッピングセンター様、ならびにご協賛・ご協力くださった皆さま、報道の皆さまなどイベントを支えてくださったすべての皆さまに心よりお礼申し上げます。

2013年

5月

21日

ピンクリボンフェスタ2013開催します

ピンクリボンフェスタin函館を今年も開催することになりました。

今年は函館市港町のポールスターショッピングセンター内のイベントスペースにて行います。
お誘い合わせの上、ぜひ会場に足をお運びください。

▼ピンクリボンフェスタ2013in函館


◆日時 6月16日(日)11:00~15:00

◆会場 ポールスターショッピングセンターイベントスペース(函館市港町1丁目2-1)

◆ステージイベント

11:30~ 医療従事者によるミニ講演 社会福祉法人函館厚生院 函館五稜郭病院看護部 外科外来 村上佳美氏 (乳がん看護認定看護師)

13:00~ 歌のステージ 函館少年少女合唱団

◆美容体験&各種出店

カフェ&バー リコリス(スムージーほか)

美容室パサージュ(医療用ウィッグの展示)

GLOSSY(ネイルケア)

ティーアンドケー株式会社(オーラルケア用品)

ホワイトローズ(ワンセルフカード)

ピュアリーハート(カラーセラピー)

未来眞琴(タロット占い)

やすらぎソフト(ソフトクリーム)

Jonnyの手羽先(手羽先、唐揚げ)

カドウフーズ株式会社(雪ん子)

ジョリクレール(洋菓子)

焼肉物語 牛若

手作り小物販売

あさひや(くじ・駄菓子)

◆主催 ピンクリボンin函館TeamPINK!

◆協賛 光通信機システム株式会社 株式会社ネットワークス スナックやすらぎ 谷観光農場 美容室パサージュ  MS保険サービス北海道株式会社 北海道コカ・コーラボトリング

 有限会社三和印刷ほか(順不同)

特別後援 道南乳腺疾患研究会 ピンクリボンinSAPOORO 青森ピンクリボンプロジェクト

◆後援(予定) 函館市 市立函館保健所 渡島保健所 NHK函館放送局 北海道新聞函館支社 函館新聞社 ニューメディア函館センター 函館山ロープウェイ(株)FMいるか 道南乳腺疾患研究会

 

※イベントの内容は都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

※お問い合わせ先 080-1876-6626(川村)

2013年

1月

01日

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます♡
本年もピンクリボンin函館をよろしくお願いします。
素晴らしい1年になりますように心よりお祈り申し上げます。

2012年

10月

25日

青森ピンクリボンプロジェクトに参加いたしました

10月21日(日)に青森市で初開催された「青森ピンクリボンプロジェクト」のイベントに、代表の川村を含む3名で参加させていただきました。

皆さんに温かく迎えていただき、ピンク色に包まれた華やかな雰囲気の中で楽しい時間を過ごすことができました。医療従事者や一般のお客様たちもたくさん話しかけてくださり、本当にありがとうございました。

イベントの内容も、専門学校の皆さんによるファッションショーやプロの歌のライブなどがある一方で、検診についての知識を得られるコーナーも充実しており、とても興味深く楽しませていただきました。ぜひとも今後の参考にしたいと思います。
青森ピンクリボンプロジェクトの皆さま、今後もよろしくお願いいたします!

2012年

10月

20日

青森ピンクリボンプロジェクトに参加します

10月21日(日)に青森市で開催される「青森ピンクリボンプロジェクト」に参加いたします。

 

青森ピンクリボンプロジェクト様から「青森と函館をピンクリボンでつなげましょう!ぜひ来て下さい」と熱心なお誘いをいただき、 チームピンク代表の川村はトークショーに出演させていただくことになりました。青森のアナウンサーの方と、青森ピンクリボンプロジェクト代表で青森市民病院外科の川嶋先生とのトークショーとのことで、とても楽しみにしております。


函館の検診率の向上はもちろんですが、こうして全国の皆さんともピンクリボン運動を通じて同じ目標に向かって行ける事を大切にしたいと思っております。

青森ピンクリボンプロジェクトの詳細はこちらからご覧いただけます。

http://pinkribbon.aomori.biz/

 

2012年

10月

12日

五稜郭タワーライトアップ&街頭啓発

乳がん月間のスタートとなる10月1日、道南乳腺疾患研究会の協力によりここ函館でも五稜郭タワーがピンク色にライトアップされました。

それにあわせて乳がん検診を呼び掛ける街頭啓発も行われ、渡島保健所と市立函館保健所の皆さんとともにTeam PINK!も街頭でのパンフレットとポケットテイッシュ配布に参加いたしました。

2012年

9月

25日

ライトアップにあわせて街頭啓発を実施します

皆様こんにちは☆チームピンクです!
さて今年も、10月1日乳がんの撲滅「ピンクリボン運動」の一環で、函館市五稜郭タワーがライトアップされます。

それに伴い、五稜郭タワー前と丸井の前で、市立保健所の皆さん渡島保健所の皆さんとピンクリボンの啓発活動を行います!!

五稜郭タワー自体のライトアップ時間は、夕方18時から22時までの間です。
...その前の16時から18時までの2時間、ピンクのリボンのついたティッシュを配ったり、パンフレットを配ったりして、皆さんに乳がん検診の呼びかけをします!
お時間のある方、初めとの参加の方、誰でももちろん参加できます!少しの時間でも構いません!是非とも一緒に啓発運動への参加・サポートよろしくお願い致します☆

集合場所は五稜郭タワー前に15:50です!

お問い合わせはこちらまで♡ info@t-pink.com 080-1876-6626

2012年

7月

01日

函館に6台目のピンクリボン自販機設置

6月29日(金)、北海道キリンビバレッジ株式会社様によるピンクリボン自動販売機が梁川町のテーオーデパート1階に設置されました。

 

ピンクリボン自動販売機は、売り上げの2%が(財)日本対がん協会の「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄付される自動販売機。飲み物を買うだけでピンクリボン運動を支援することができます。

この日はお店の開店に先立ってテーオー小笠原の小笠原勇人副社長と北海道キリンビバレッジの山内章義営業本部長による自動販売機の除幕式も行われました。

 

除幕式に伴うあいさつでは、お二方とも乳がん検診や早期発見の大切さについて、さらに関心を持つことの重要性についてお話しされました。

ピンクリボンin函館TeamPINK!も除幕式にお招きいただき、代表の川村より関係者の皆さんやお店のスタッフの皆さんにごあいさつさせていただきました。

なお、北海道キリンビバレッジによる道内でのピンクリボン自動販売機の設置はこれが85台目とのこと。函館では6台目になるそうです。

側面にはピンクリボンの意味を説明するメッセージが書かれています。

たとえ飲み物を購入しなくても、ここの前を通りかかるだけで乳がんの早期発見や早期検診の大切さをみんなに思い出させてくれる効果がありそうです。

なおお知らせしていた通り、ピンクリボンin函館TeamPINK!はこの日10時から15時までテーオー1階にブースを出店し、自販機の設置にあわせて啓発活動を実施しました。

 

お立ち寄りくださった皆さまに心よりお礼申し上げます。

2012年

6月

28日

6/29、テーオーにて啓発活動を行います

6月29日(金)、梁川町のテーオー1階に初めて北海道キリンビバレッジ株式会社様によるピンクリボン自動販売機が設置されます。

 

ピンクリボン自動販売機は、売上金の一部が(財)日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄付されるものです。この自動販売機で飲料を購入するだけで、誰でもピンクリボン運動に参加することができます。

これにあわせて、ピンクリボンin函館TeamPINK!によるテーオー店内での啓発活動も実施いたします。 設置当日の6月29日午前10時から午後3時までスタッフがブースに常駐し、オリジナルグッズの展示・販売などを行います。お買い物のついでやピンクリボン自動販売機の見学がてら、お立ち寄りいただければ幸いです。

2012年

6月

28日

ピンクリボンフェスタ記録写真【ステージ】

2012年

6月

28日

ピンクリボンフェスタ記録写真【各種出店ブース】

2012年

6月

28日

ピンクリボンフェスタ記録写真【乳がん関連用品展示等】

2012年

6月

28日

ピンクリボンフェスタ記録写真【全体風景&主催者ブース】

2012年

6月

19日

ピンクリボンフェスタ終了いたしました

初めての試みとして国立函館病院様と共同で企画した『ピンクリボンフェスタ2012in函館』(6月17日、於金森ホール)はおかげさまをもちまして無事に終了いたしました。

 

ご来場くださったお客さまは約340名にのぼりました。また、講演会にも多くの方が熱心に耳を傾けてくださり、スタッフ一同大変感謝しております。

一方で至らなかった点やもしかしたらご不満にお感じになられた点もあるかと思います。また次の機会に向けて改善を図っていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

あらためまして、ご来場くださった皆さまならびに宣伝や運営にご協力・ご協賛くださった皆さま、そして様々な形でこのイベントを支援してくださった皆さまに心より感謝いたします。ありがとうございました。

 

なお、イベントの写真は後日順次掲載してまいります。

2012年

6月

15日

ピンクリボンフェスタ出店者等のお知らせ

6月17日(日)のピンクリボンフェスタに出店してくださるお店と企業・団体などをお知らせします。

 

▼出店ブース

・谷観光農場・・・野菜
・マルテン・・・惣菜など
・かんているうむ・・・九星占い
・似顔絵おねえさん・・・似顔絵
・大和薬品株式会社・・・サプリメント、乳がん自己検診グッズ販売
・ガトー ル・ブラン・・・クッキー、シフォンケーキ
・柏木商友会・・・焼き菓子、ベーグル
・カフェ小春日和・・・コーヒー、ジュース
・根花(ねはな)・・・オーガニック食料品、農家の無農薬大豆や味噌
・美容室パサージュ・・・医療用ウィッグ・帽子の展示、試着体験
・トータルヒーリングスペース カルナ・・・カラーセラピー、手づくり石鹸、フェアトレード製品
・シェリアン・・・ボディジュエリー、エアブラシアート、耳つぼジュエリー
・メイクアップスペース クレアーレ・・・眉デザイン、タッチアップメイク
・アスピア化粧品株式会社・・・医療用下着、健康補助食品の展示、メイクアップ、ハンドマッサージ
・株式会社アデランス・・・医療用ウィッグの展示
・サロン・始まり・・・カラーセラピー(ワンポイントメイク付)
・GLOSSY(グロッシー)・・・ネイルケア、耳つぼジュエリー
・ティーアンドケイ株式会社・・・オーラルケア用品
・酒場Vigo・・・パニーニ
・ビューティスタジオ花音・・・ハンドマッサージ

 

▼キッズコーナー

・あさひや・・・くじ・駄菓子など

・科学楽しみ隊・・・科学ミニ体験

 

2012年

6月

12日

金森ホール「はな市」に出店しました

6月9日と10日の2日間にわたって金森ホールにて開催された「はな市」にTeamPINK!として参加させていただきました。

出店できたのは10日のみでしたが、たくさんの方にピンクリボンフェスタのチラシを受け取っていただきました。また、何人もの方にピンバッジなどピンクリボングッズをご購入いただきました。

ピンクリボンin函館TeamPINK!のブースに立ち寄ってくださった皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2012年

5月

31日

6/3、金森ホール「はな市」に出店します

金森ホールにて開催される「花・HANA・はな市」にピンクリボンin函館TeamPINK!が出店することになりました。

 

園芸店・お花屋さんが集まる毎年恒例の人気イベントが今年はパワーアップ!とれたて野菜の販売や、手作り雑貨、アロママッサージ、カラーセラピー、軽食など女性にうれしいお店がそろう楽しい空間になりました。

TeamPINK!はオリジナルグッズ販売のほか、テレビや雑誌でたびたび取り上げられている全国的にも有名な「函館おたふく堂」さんの豆乳函館しふぉんを特別販売いたします。

 

なお、イベントは6月2日(土)と3日(日)の2日間行われますが、TeamPINK!は3日(日)のみの出店となりますのでご注意ください!

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

花・HANA・はな市

会場/金森ホール

日時/6月2日(土)、3日(日) 10:00~16:00 ※TeamPINK!の出店は3日(日)のみ

※この2日間はレディースデイにつき、女性ドライバーのみ金森駐車場が無料になります。

2012年

5月

31日

函館新聞に掲載していただきました

ピンクリボンフェスタ2012in函館の開催について、5月24日付の函館新聞に掲載していただきました。ありがとうございました。

 

なお現在、各公共施設や企業・商店などのご協力をいただき、ポスターの掲出とチラシの設置も行っております。

ご協力いただいている方々に心よりお礼申し上げます。

2012年

5月

18日

北海道新聞に掲載していただきました

ピンクリボンフェスタ2012in函館の開催について、5月17日付の北海道新聞夕刊みなみ風に掲載していただきました。ありがとうございました。

なお、ポスターとチラシの各所への配布も順次行ってまいりますので、なにとぞ配布と掲出へのご協力をお願い申し上げます。

2012年

5月

15日

ピンクリボンスマイルコンテスト参加者募集について

 「ピンクリボンフェスタin函館2012」では、誰もが笑顔で生き生きと暮らせる地域社会の実現を目指して、以下の通り「ピンクリボンスマイルコンテスト」を実施いたします。

 

1.応募資格
a.30歳から70歳までの、笑顔が素敵な男女
b.6月17日のピンクリボンフェスタin函館2012の会場にお越しになれる方(お住まいは問いません)
c.ピンクリボンin函館のウェブサイトへのお名前や写真等の掲載を了承していただける方
2.応募方法
応募用紙に下記の各項目を記入して郵送またはFAX、メールなどでご応募下さい。
(1)氏名・フリガナ (2)生年月日 (3)年齢 (4)住所 (5)電話番号(携帯) (6)メールアドレス
(7)勤務先・学校名および職種等 (8)趣味・特技 (9)自己PR(いつも笑顔でいるために心がけていることもしくは努力していること)
※ 応募用紙はこの記事の一番下からダウンロードできます。また、国立函館病院にも設置しています。
※ 応募書類は返却いたしませんので、ご了承ください。
※ 提出された個人情報は選考以外には使用いたしません。
※ 自薦他薦を問いません(他薦の場合は事前にご本人様の了解を得てください)。
3.募集期間
平成24年5月25日(金)必着
4.審査方法・発表
・応募者全員の1次審査(書類選考)を行い、その結果は5月中にご連絡いたします。
・1次審査合格者には、ピンクリボンフェスタ当日11:30から12:30に行われる審査会に参加していただき、ステージにて自己PRをしていただきます。特技の披露をしても構いません。
・発表はその場でいたします。
5.各賞
大賞その他特別賞等に選出された方には賞状と副賞(景品等)を進呈いたします。
6.その他
選出された方の顔写真をピンクリボンin函館のウェブサイトにて掲載させていただきます。
7.応募先
〒041-0812 函館市昭和1-11-10ピンクリボンin函館 スマイルコンテスト担当 川村佳子
e-mail : info@t-pink.com
FAX:0138-41-8249

ピンクリボンスマイルコンテスト募集要項・応募用紙
boshuyoko.pdf
PDFファイル 136.7 KB

2012年

5月

15日

『ピンクリボンフェスタ2012in函館』開催について

 ピンクリボンin函館TeamPINK!は、きたる6月17日(日)に国立病院機構函館病院様との共催で「ピンクリボンフェスタ2012in函館」を開催いたします。

 

 乳がんや乳がん検診について今まであまりよく知る機会がなかった方にも、気軽にイベントを楽しみながら関心を深めていただけるような各種企画を実施いたします。

 国立病院の乳がんチームによる健康相談コーナーや医療体験コーナー、医療用ウィッグや術後専門用品の展示などに加え、美容体験コーナーやフードブースなども設けてご家族連れでお楽しみいただけるようなイベントになっております。また、国立病院の先生たちによる乳がんに関するミニ講演も実施いたしますので、ぜひお誘いあわせの上ご来場ください。

 

 開催要項は以下の通りです。

 

◆名称: ピンクリボンフェスタ2012in函館

◆主催: ピンクリボンin函館Team PINK!,国立病院機構函館病院
◆開催主旨: 函館市における乳がん検診の検診率の向上を目的としてイベントを開催するもの。乳がんについて学ぶという切り口だけではなく、美容体験や各種物販などを行うことで敷居を低くし、さらには子ども向けのブースを設けるなどして親子連れや家族連れで気軽に来場できるものとする。会場内では抗がん剤治療の最中や術後に用いられる医療用ウイッグの展示や医療従事者による相談コーナーなどを設けて、乳がんに対して自然に来場者の興味を引くものとしたい。
◆開催日時: 平成24年6月17日(日) 午前11時から午後3時
◆会場:  金森ホール(函館市末広町14-12)
◆入場料: 無料 
◆内容:ミニ講演会,医療従事者による健康相談,美容と健康に関する対談,美容体験,飲食物販売,キッズコーナー ほか
◆出演者:小室一輝(国立病院外科部長)、川上智史(メディカルアドバイザー・医学博士)、神崎光枝(Visage代表)、日吉が丘小学校合唱団ほか

◆協力:金森赤レンガ倉庫  道南乳腺疾患研究会  ピンクリボンinSAPPORO  サイエンス・サポート函館「科学楽しみ隊」

◆協賛:アストラゼネカ(株) アスピア化粧品(株) (株)アデランス エーザイ(株) エコー保険(株) 柏木商友会 そば処さんてい柏木店 大鵬薬品工業(株) 大和薬品(株) 谷観光農場 中外製薬(株) 日本生命保険(相)函館支社 函館インフォメーション・ネットワーク(株) 美容室パサージュ 富士火災海上保険(株)函館支店 北海道キリンビバレッジ(株)函館支社 北海道コカコーラボトリング(株)函館支社 (株)リプロ (五十音順) 

◆後援:函館市・市立函館保健所・北海道渡島保健所・NHK函館放送局・北海道新聞函館支社・函館新聞社・函館山ロープウェイ(株)FMいるか・ニューメディア函館センター・函館市地域交流まちづくりセンター・jam函館

◆イベントスケジュール:

11:00 開会のあいさつ 国立函館病院院長 伊藤一輔

11:10 オープニングステージ

11:30 ピンクリボンスマイルコンテスト

12:30 乳がんについて正しく知ろう!ミニ講演会 国立函館病院  こむろ一座

14:00 ビューティー対談 川上智史×神崎光枝

14:30 ファイナルステージ 日吉が丘小学校合唱団

 

※告知チラシ(A4サイズ)と実施要項は以下からダウンロードできます。告知チラシは、本イベントの周知を図る目的に限り、ウェブへの掲載やプリントアウトしての配布等を認めます。

「ピンクリボンフェスタ2012in函館」告知チラシ(プリントアウト用)
festaflyer.pdf
PDFファイル 3.6 MB
「ピンクリボンフェスタ2012in函館」告知チラシ(ウェブ用)
pinkfes.jpg
JPEGファイル 399.0 KB
「ピンクリボンフェスタ2012in函館」実施要綱
youkou.pdf
PDFファイル 225.2 KB

皆さまのご来場を心よりお待ちしています!

 

ピンクリボンin函館 TeamPINK! 一同

2012年

4月

03日

『ピンクリボンフェスタ2012in函館』開催のお知らせ

ピンクリボンin函館「Team PINK!」ではこのたび、国立病院機構函館病院様との共催で『ピンクリボンフェスタ2012in函館』を開催する運びとなりました。

 

乳がんや乳がん検診について今まであまりよく知る機会がなかった方にも、気軽にイベントを楽しみながら関心を深めていただければという趣旨の元に企画を進めて参りました。

当日は、国立病院の看護チームによる健康相談コーナーや乳がん知識チェックコーナー、医療用ウィッグや術後専門用品の展示などに加え、美容体験コーナーやフードブースなども設けてご来場の皆様にお楽しみいただけるようなイベントにしたいと考えています。

また、国立病院の先生によるミニ講演なども予定しています。

 

詳細は順次このサイト上にて発表いたします。

 

◆ピンクリボンフェスタ2012in函館

日時/2012年6月17日(日) 11:00~15:00

会場/金森ホール 函館市末広町14-12

主催/ピンクリボンin函館「Team PINK!」、国立病院機構函館病院

2012年

3月

02日

「ワーキングサバイバーズフォーラム」に参加してきました!

ピンクリボンin SAPPORO様にお声を掛けていただき、2月26日(日)に札幌で開催された「ワーキングサバイバーズフォーラム」に参加してきました。

 

 「ワーキングサバイバー」とは、がんと診断された後に治療を受けて完治し、仕事に復帰している方々のこと。がんの治療技術が向上するにつれて、完治した後の生活をどうするかが社会的な問題として浮上してきていることを受けて、初めて開催されました。

 

 冒頭、札幌医科大学のお医者さんでもある大村実行委員長が「従来はがんをある程度治すところまでが自分の仕事だと思っていたが、患者さんのことを考えた時に、以前の生活に戻れるようになることが大事なのではないかと思うようになってきた。医者は病気を治すが、企業は社会復帰を促す社会的な医師だと思う」とあいさつ。

 

 基調講演を行った桜井なおみさんは、デザイナーとして働いていた37歳の時に乳がんが発覚。治療のために仕事を辞めざるを得なかった体験などを踏まえ、がんと経済的な負担、さらにその後の就労問題などについての調査や提言などの活動を精力的に行っていらっしゃいます。講演では、これまでの調査で得られたデータをもとに問題点や課題を指摘。

 

 がんと診断された時点で「仕事を続けたい」と答えたのは75%なのに、そのうちの95%が実際には退職せざるを得ないなどそれまでの仕事を続けられなかったとのこと。
 また、定期的に収入があった20代から60代の人のうち、がんになった後で収入が減少した人は67%。
 さらに、がんになった方のうち8から9%は金銭的な理由で治療方法を変えたりやめたりしているという厳しい現実もあるそうです。

 

 がん患者の3人に1人は就労年齢で発症しているが、「もはやがんは死につながる病気ではなく、ある意味慢性疾患と言えるのではないか。ではどうやってその後生きていくかが大変重要な問題」と桜井さん。
 「『検診を受けよう!』と『がんと診断されても、治療の技術が向上していますよ!』との間に、『がんになっても安心して暮らせる社会の構築』が必要なのでは。これがないと検診も進まないと思う」と制度構築の必要性を指摘していらっしゃいました。

 

 続くパネルディスカッションでは、
 「治療費以外にかかるお金が多く、がん保険では足りないケースも見られる」
 「通院でがんが治る時代に、世の中の仕組みが追いついていない」
 「有給休暇を使い果たすと会社にいずらくなって辞めてしまうことが多い」
 「育児休暇と同じように傷病休暇を設けたり、短時間勤務や在宅勤務などを組み合わせて働けないものか」
 「官僚は制度の問題点を知る機会がなく、『我々もテレビや新聞で知る』と言っていた。改善すべき点をいかに的確に担当部署に届けるかが大事」
 など数多くの意見が述べられていました。

 

最後は、ゴスペルシンガーのKIKIさんとピンクリボンクワイヤの皆さんによるゴスペルステージ。魂を揺さぶるような迫力の歌声とメンバーの生き生きとした笑顔に感動・・・!

この後に行われた懇親パーティーでは、ピンクリボンin SAPPOROの皆さまや協力企業の方々、さらに参加しておられた他地区のピンクリボン団体の皆さまなどと楽しくお話しさせていただきました。

 

大変励みになるとともにいろいろな問題について考えさせられるフォーラムでした。お招きいただいたピンクリボンin SAPPORO様に心よりお礼申し上げます。

2012年

2月

14日

活動報告会 兼 意見交換会を開催しました

2月8日と9日の2日間にわたり、TeamPINK!の活動報告会と意見交換会を公開で実施しました。

会場は十字街のまちづくりセンター。

インターネットでお知らせをご覧になって初めてご参加くださった方をはじめ、2日間で延べ12人の方にご出席いただきました。ありがとうございます。

 

なお、この会議の開催を知った北海道コカ・コーラボトリング株式会社様より飲料水「いろはす」1箱のご協賛を賜りました。心よりお礼申し上げます。

 

会議では2011年の主な活動内容と会計の報告に続いて2012年の活動に向けての方針説明をさせていただき、それに沿った具体的な活動案について皆さまよりご意見やご提案を頂戴しました。

また、広報の主な担当者1名とサブ担当者2名を選出いたしました。

 

具体的なイベント案についてはおおむね皆さまのご賛同をいただいたため、年間スケジュールと主催イベントの細かな内容については3月を目途に代表と広報担当者とで詰めていきたいと考えています。

 

次回の会議は3月下旬に予定しています。

今回参加できなかった皆さまも次回はぜひご参加ください。

2012年

2月

03日

活動報告会を開催いたします

今後の打ち合わせと活動報告会を兼ねた「チームピンクの集い」を以下の要領で実施いたします。

人数や予定の都合により2日間行いますが、内容は同じです。


日時:2月8日・9日 19:00~21:00

場所:函館市地域交流まちづくりセンター  2F 会議室

    ※函館市末広町、電車通り十字街の角にあります。旧丸井。


 =内容=
 ・2011年のチームピンクの活動報告
 ・2012年のチームピンクの方向性についての意見交換
 ・今後のイベントの開催について
 ・Tシャツの制作について
 ・札幌及び、他のピンクリボン団体との現在の交流と活動について

2011年

12月

02日

現在試験運用中です

これまで活動内容の報告等にLivedoorブログを使用していましたが、

12月4日をもってこの公式サイトに統合することとなりました。

これに伴い、Livedoorブログは閉鎖いたします。

なおこのブログは現在試験運用中です。

本格始動まで今しばらくお待ちください。